診療カレンダー
小児医療ついて

院長紹介

院長あいさつ

院長あいさつ

院長 迫田 晃子 (さこだ あきこ)

 皆さんこんにちは。
 私は平成7年に東京女子医科大学を卒業後、鹿児島市医師会病院で初期研修を行い、鹿児島大学で病理学を学んだ後、鹿児島市医師会病院で外科研修、聖路加国際病院で小児外科研修、ロンドンのこども病院での泌尿器科研修を経て東京女子医大の泌尿器科で主に子供から大人までの機能外科に携わってきました。
 機能外科とは「がん」や「先性性疾患」のために本来の臓器機能が失われてしまった患者さんに対して、
 生活の質(Quality life)を改善することを目的とした手術を行う外科です。
 適切な治療をすることで今ある機能をこれ以上低下させないようにすることも機能外科の役割の一つです。
当クリニックではこれまで行ってきた機能外科の領域を活かして
「みんなを笑顔に」をモットーにいろいろな疾患の患者さんを診ていきたいと思っています。
 病気のことを含めて身体のちょっとした悩みでもお気軽にご相談下さい。
 治療が必要な場合は大きい病院へ紹介します。
(主な関連病院:鹿児島市医師会病院)             

資格

外科専門医
消化器外科専門医
消化器外科がん認定外科医
小児外科専門医
泌尿器科専門医
小児泌尿器科認定医


厚生労働省医師講習会
医師緩和ケア研修会終了
ロボット手術(da Vinci) console surgeon
日本スポーツ協会公認スポーツドクター

所属学会

日本外科学会
日本消化器外科学会
日本泌尿器科学会
日本腹部救急医学会(評議員)
日本小児泌尿器科学会

日本小児救急学会
日本小児がん学会
日本小児外科学会
ヨーロッパ小児泌尿器科学会
アジア小児泌尿器科学会
国際禁制学会(ICS)

メディア紹介

日経メディカル 時代はオーバー55開業で紹介されました。 

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/200802/505414.html

こどもお出かけ情報サイト 「いこーよ」で膀胱炎について語りました。 

https://iko-yo.net/articles/5716 

雑誌AERAでこどもの包茎についてインタビューを受けました。 

https://dot.asahi.com/aera/2018052400023.html?page=1

特別講演・シンポジウム・ワークショップ等

・腎泌尿器研究会 Opening Lecture 東京ホテル椿山荘 (2016/6/30)
  『小児泌尿器科領域の救急疾患』
・第25回日本小児泌尿器科学会 京都:ワークショップ (2016/6/30)
  『私はこうしている、尿道下裂手術』〜皆さん、バーチャル手術室を体験して下さい!
   :尿道下裂手術を効率よく習得するために-3rd International Pediatric Urology workshopに参加して
・第24回 日本小児泌尿器科学会 東京: シンポジウム(2015/7/2)

  小児泌尿器科疾患 診療指針作成委員会報告』先天性水腎症(腎盂尿管移行部通貨障害)・診療指針 II 疫学・臨床症状
・第52回 日本小児外科学会 福岡:ワークショップ (2016/5/25)

  水腎症・VUR診療手引き2016 日本小児泌尿器科学会からの提言 疫学と症候
・第12回 こどもクリニカルスコラ 東京:講演 (2015/3/25)
  急性腹症で手術となった腸間膜リンパ管腫の1
・En女医会・ツムラ共催 漢方講演会 マンダリンオリエンタルホテル 東京:シンポジウム (2013/9/1)
  『実践!私はこう使っています』消化器外科/小児外科領域における漢方薬の使い方
・第9回 こどもクリニカルスコラ 東京:講演 (2013/3/25)
  『急性胃腸炎を契機に発症した外科的疾患の4例』
・第10回 小児科医療連携の会 コートヤード・マリオット銀座ホテル:講演 (2012/10/18
  『聖路加病院小児外科のup-to-date
・第1回 千葉小児泌尿器科研究会 千葉:講演(2012/9/13
  『Great Ormond Street Hospital小児泌尿器科に留学して』
・第216回 下町小児科懇話会 聖路加国際病院:講演(2010/3/9)
  『小児救急医療における小児外科疾患』
・第25回 日本小児外科学会周期シンポジウム 鹿児島:シンポジウム(2009/10/30)
  『泌尿生殖器や妊娠出産に伴う諸問題』 高位鎖肛術後の婦人科的問題点についての検討
・第21回 日本小児救急医学会学術集会 鹿児島:会長要望演題(2007/6/17) 
  『Oncology emergency当科で経験したOncologic surgical emergencyについての検討
・第15回 日本小児泌尿器科学会 新潟:要望演題 (2006/7/21)
  『精巣位置異常症』 精巣下降に関する因子と精巣導帯の関係について
・第20回 日本小児救急医学会学術集会 茨城:ワークショップ(2006/6/17) 
  『腸重積の診断と治療』 器質的成因からみた腸重積の治療方針について

著書・分担

外来レジデントマニュアル

  外科レジデントマニュアル

  1)  迫田晃子、「小児先天性水腎症(腎盂尿管移行部通過障害以外)診療手引き2019
   馬蹄腎、日本小児泌尿器科学会、2019
  2)  迫田晃子、「小児先天性水腎症(腎盂尿管移行部通過障害)診療手引き2016
   疫学、日本小児泌尿器科学会、2016

「ジェネラリストのための外来初療・処置ガイド」

  3)  迫田晃子、「ジェネラリストのための外来初療・処置ガイド」 
   臍炎・臍ヘルニア圧迫法、医学書院、2016

「今日の小児治療指針」第16版、

  4)  迫田晃子、「今日の小児治療指針」第16
   導尿・膀胱洗浄、医学書院、2016

  5)  迫田晃子、松藤凡、「小児救急治療ガイドライン」改定第3
   おもな救急疾患消化器疾患小児のイレウス、診断と治療社、2015

「小児科研修の素朴な疑問に答えます」

  6)  中村晃子、「小児科研修の素朴な疑問に答えます」
   末梢ルートや中心静脈ルートの差し替えのタイミングは? 
                                          メディカルサイエンス・インターナショナル、2008

「腹部救急疾患の臨床」

  7)  中村晃子、「腹部救急疾患の臨床」
    上部消化管出血で偶然発見された胆嚢欠損症、医学図書出版株式会社、2005
  8)  中村晃子、「腹部救急疾患の臨床」
    超選択的動脈塞栓術が有効だったangiodysplasiaによる小腸出血
                         医学図書出版株式会社、 2005  
  9)  中村晃子、「腹部救急疾患の臨床」 
          放射線腸炎による腸閉塞、医学図書出版株式会社、2005
10)  中村晃子、「腹部救急疾患の臨床」
    胃浸潤により穿孔をきたした成人T細胞白血病、医学図書出版株式会社、 2005